活動状況

 敬老事業

敬老事業は、平成22年度まで相模原市が市民会館で行っておりましたが、平成23年度からは、各地区に委ねられ、星が丘地区では、敬老祝い金の贈呈、敬老祝品の配布、なつかしい映画の上映、コンサートや演芸・落語会の開催などを行い、皆様に喜ばれています。

平成25年度より新たに高齢者顕彰事業が設けられました。この事業は、地域で長年にわたり社会貢献された高齢者を顕彰するものであり、平成25年10月27日に行われた星が丘地区ふれあいフェスティバルの会場で10名の方が表彰されました。

keirou001 keirou02

 

 

みんなのつどい事業

年に2回のフェスティバルと映画会、年に1回の福祉学習会を開催しています。みんなのつどい・フェスティバルでは、ご高齢者や子ども達のふれあいを目的としたグラウンドゴルフや、地域の障がい者施設の方々が下準備してくださった松ぼっくりを使ったミニツリー作リ、クリスマスカード作りなどを行います。これらの作品の一部は、地域包括支援センターを通じて地域のご高齢の方ヘプレゼントされ、大変喜ばれております。

年度によっては、フラワーアレンジメントや、色カルタ体験講座なども開催され、親子での参加も多く楽しんでいただいています。

年1回の福祉学習会では、様々なテーマにおいて講師をお招きし、お話しを伺い学んでいます。

平成25年度は、「最期まで自分らしくいきるには?」をテーマに、医療、介護についての深刻な問題を、明るく表現された劇と解説により学習しました。

eigakai fukusigakusyuukai

 

 

防災スクールの開催

kaigo_kurumaisu-243x300この事業は、主に中学生を対象に救命講習及び実践体験講座を通して、有事の際に救援活動等ができる技術を身につけ、ボランティアとしての意識を高めていただくことを目指して、星が丘地区社協で初めて開催いたしました。

スクールは、8月25日小中学生19人が1日かけて相模原市赤十字奉仕団、市社協及び消防団による実践講習を行いました。

 

 

福祉バザーの開催

自治会の協力、星が丘地区の皆様のご協力により、バザーの品物が集められ、民生・児童委員、ボランティア及び星が丘地区社協のスタッフが品物の分類、値付け作業をし、バザー会場で販売されます。

例年、公民館を会場に 福祉バザーが開催されていましたが、平成25年度は、星が丘地区ふれあいフェスティバルとの同時開催で、星が丘小学校の校庭を会場にバザーが開催され、大盛況でした。

福祉バザーの収益金は、地区社恊の事業全体に使われています。baza01 baza02

 

 

視察研修会

星が丘地区社協は、年1回の視察研修会を行っています。

以前は、福祉施設等への訪問をし研修していましたが、平成28年度は、自治会連合会との合同で、憲政記念館、国会議事堂に行きました。

DSCF3284 DSCF3289

 

 

 

いきいきサロン、子育てサロン

「いきいきサロン」には、ひまわり会いきいきサロン、ふれあいサロン和、いきいきサロン親和会、いきいきサロンカトレアの4つがあります。

「子育てサロン」には、子育てサロン星が丘、子育てサロン千代田、子育てサロン横山の3つがあり、星が丘地区社協は活動の助成をしています。

なお、活発な活動をしていた「いきいきサロン横山」は諸事情により、平成25年3月に閉鎖となりました。

ikiikisalon02 ikiikisaron01 kosodatesalon  P1020256

 

 

 

福祉活動団体助成事業

福祉活動団体には、地区自治会連合会、地区民生委員・児童委員協議会、地区青少年健全育成協議会、地区老人クラブ連合会、地区子ども会育成協議会、星が丘鼓笛隊があり、各団体さらに星が丘公民館へ助成しています。

 

 

募金・募集事業

bokin_boy_girl日本赤十字社社員増強運動、市社協賛助会員募集、共同募金運動(赤い羽根街頭募金、赤い羽根募金、年末助け合い募金)等、行っています。